e-ひょうご
芦屋市
電子入札共同運営トップページ>> 芦屋市トップページ>>

トピックス

「新着情報」以外の案件はこちら

平成30・31年度競争入札等に参加するための申請について

芦屋市(上下水道部および芦屋病院含む)が発注する競争入札等に参加するには、あらかじめ登録が必要です。「平成30・31年度 競争入札参加資格審査申請」の受付を行いますので、競争入札等に参加希望のかたは、芦屋市ホームページを参照し、お手続ください。

電子入札の対象範囲の拡大について

平成29年7月1日より電子入札の対象範囲を拡大します。詳細につきましては,芦屋市ホームページをご確認ください。

工事請負契約に係る現場代理人の常駐義務緩和について

工事請負契約に係る現場代理人の常駐義務を緩和します。  配置する現場代理人については,入札参加申請日以前に,受注者と3か月以上の直接的雇用関係にある者である必要があります。  兼任を認める対象工事については,契約金額が1件あたり2,500万円未満の工事(単価契約によるものを除く。)とし、要領にて定めた要件をすべて満たす場合は、現場代理人を2件まで兼任することができます。ただし、工事担当課が現場代理人の兼任を認めることが適当でないと判断した場合は、この限りではありません。

条件付き一般競争入札の実施範囲の拡大について

本市では、入札契約の公正性、透明性並びに競争性のさらなる向上を図るという観点から、条件付き一般競争入札の実施範囲を拡大します。

工事請負契約に係る最低制限価格制度の改正

本市の最低制限価格制度については,公正な競争を阻害する恐れのある過度に低価な入札を排除することや,競争入札の適正化と契約の内容に適合した履行が確保できるよう,これまでも改善してきましたが,公共工事の品質確保の促進に関する法律や建設業法の改正に伴い,発注者及び受注者の責務が求められていることを踏まえ,平成28年10月1日以降に本市が入札公告又は指名を行う全ての公共工事について最低制限価格を設定します。

市の契約等から暴力団を排除するための措置について

芦屋市では,平成25年1月1日より暴力団排除条例を施行し,同年7月1日より芦屋市契約等に係る事務からの暴力団等の排除措置に関する要綱を施行し,市の契約から暴力団及び暴力団員並びにこれらと密接な関係を有する者(以下「暴力団等」という。)の排除を進めているところですが,より一層適正な契約の履行を確保するため,新たに措置を講じることとします。

公共工事の発注見通し

公共工事の発注見通しです。

指名停止措置状況

利用者登録をお願いします。

 電子入札に参加していただくためには,利用者登録が必要です。芦屋市では,芦屋市登録業者(建設工事・コンサルタント業務)の方には,IDとパスワードを通知しております。電子入札に参加を希望される方は,早急に利用者登録をしていただくようお願いします。利用者登録の詳細については,本サイトの「事前準備」を参照してください。

兵庫県電子入札共同運営システム芦屋市運用基準

兵庫県電子入札共同運営システムを利用して実施する芦屋市の電子入札に参加いただくためには,「兵庫県電子入札共同運営システム利用規約」に同意していただくとともに,「兵庫県電子入札共同運営システム芦屋市運用基準」を了解していただくことが必要です。

最低制限価格について

電子くじについて

最低価格が2社以上ある場合,電子くじによって落札者を決定しております。

 

新着情報

市営岩園町住宅及び岩園町テラス住宅解体工事 
[2017年11月21日]

東海岸緑地外高木剪定業務委託 
[2017年11月21日]

海浜公園高木剪定業務委託 
[2017年11月21日]

宮塚公園改修工事 
[2017年11月21日]

市内一円防犯カメラ設置工事 
[2017年11月21日]